様々な脱毛、自己処理方法と効果

少し前まで最も主流となっていた脱毛の方法が医療レーザー脱毛になります。この方法は、シミの治療などに使用するレーザーの出力を変えて、毛根に照射するものとなり、産毛の脱毛などに効果的だと言われています。医療レーザー脱毛は、医療なので保険証を持参すれば保険の範囲内で施術が出来ると思っている人もいるようですが、保険を使うことは出来ません。

医療の場面での治療は二種類がありますが、脱毛に関しては治療が必ず必要なものではなく、受けたい人が受ける自由診療となるため、保険は使えない事になっています。そのため医療レーザー脱毛を受けるには高い費用を準備しなくてはならず、経済的な事情で受けられない人もいます。医療レーザー脱毛を受けるにはお肌がトラブルを起こしていないことはもちろん、日焼けをしていたり、沢山のシミなどがあると断られてしまう場合があるので、自分の肌の状態が良くないと感じるのであれば、まずは相談に行ってみると良いでしょう。


Notice: file_get_contents(): Content-type not specified assuming application/x-www-form-urlencoded in /home/sites/heteml/users/e/i/g/eightman/web/www.aoba-dent.com/seo_linker.php on line 13

医療レーザー脱毛の痛みについて

一般的にシミの治療として肌にレーザーを照射する場合でも多少の痛みを感じると言われていますが、医療レーザー脱毛の場合には表皮の内側の毛根にレーザーを照射するので、痛みが強いと言います。脱毛する部位によっても変わりますが、デリケートな部位になればなるほど、痛みで歯を喰い縛る必要があるようです。痛みを軽減させるためには、専用のジェルなどを使用するようですが、それでも痛みを強く感じると言われています。

産毛に対して比較的しっかりとした効果を与えるので、背中や顔などの脱毛をする際には選ばれることもありますが、顔の場合には照射レベルに十分な注意が必要となり、万が一照射する場所の内側に沢山のメラニンが蓄積されていると、照射した事でメラニンが活発になり、メラニン色素としてお肌の表面に現れることがあります。

これはシミになりますが、万が一このようにシミが出来てしまっても、シミを無くすための治療を無償で行ってくれる訳ではありません。ですから医療レーザー脱毛を受ける際には、必ず細かな説明を聞いて、お肌への影響について納得した上で施術を受けましょう。また、しっかりとリスクについて説明をしてくれないようであれば、そこでの施術は再検討をした方が良いです。